fbpx

GeForce RTX2080 Ti搭載 動画編集にオススメのパソコン

とにかく最強グラボを狙う人にはRTX2080 Ti

消費電力が高めでコスパが良いとは言い難いグラフィックカード RTX2080 Ti

※2024年4月に更新しました。また本ページにはプロモーションが含まれています。

PC性能にロマンを求める方が大好きなNVIDIA GeForceシリーズ最高性能の××80シリーズのレイトレ対応バージョンが RTX 2080 Tiです。

動画編集向けのパソコンにRTX2080 Tiを搭載したスーパーハイスペックなパソコンがBTOパソコンショップでは取り扱われています。

RTX2080 Ti搭載の動画編集パソコンってどんな性能なんだ?

ここではRTX2080 Tiの性能と、このハイスペックなグラフィックカードを搭載したオススメの動画編集用パソコンを紹介します。

この動画で動画編集向けパソコンの失敗しない選び方を解説したので、ぜひ視聴してみて下さい。

GeForce RTX 2080 Tiの主な仕様

Palit NVIDIA GeForce RTX2080Ti 11GB

RTX2080 Tiは2020年9月現在で、GeForceシリーズで最高性能となっています。

現状としてRTX2080 Tiを必要とするのは、高解像度の映像編集やVFXの制作を仕事にしているプロの映像クリエイターの方でしょう。

なので一般的な用途でしか使わない人からすると、完全にオーバースペックなグラフィック性能を持っています。

どんな使い方をしても想像以上のレスポンスとなる製品なので、とにかくハイスペックな画像処理性能をパソコンに求める方にはオススメのグラフィックカードです。

GeForce RTX 2080 Tiの主な仕様

GPU アーキテクチャ Turing
CUDAコア数 4352
定格クロック周波数 1350MHz
ブースト時クロック周波数 1635MHz
ビデオメモリー 11GB
VRAM規格 GDDR6
VRAM帯域幅 616GB/s
TDP 250W
価格(オリファンモデル) 128,000~211,000円

RTX2080 Tiの売りとも言えるコア数は、CUDAのコア数が4352基、RTコアが68基、Tensorコアが544基です。
さらに定格クロック数が1350MHz、オーバークロック時は1545MHzとなります。
メモリのタイプはGDDR6で、ビデオメモリーは11GBの容量を誇ります。
最後に消費電力が250Wです。

消費電力ハンパじゃないですよ。電気代は覚悟が必要ですねえ

旧モデルとされるGTX1080 Tiと比較をしても、かなりのスペックアップしていることがわかります。

NVIDIAの最新技術であるレイトレーシングやDLSSにも対応していて、リアルタイムレイトレ対応ゲームでスムーズな映像を楽しめます。

一般的な用途で使う分については、ほぼスペックを持て余してしまうくらいの性能ですね。

4K動画編集や高解像度の写真を編集するRAW現像、VRに3Dモデリングなど高負荷な処理でも問題なく利用できると思います。

私はGTX1080 Tiで十分満足しているのでRTX2080は要らないかなあ…

他にもゲームをするとしても、最新の映像技術が使われているものでも、ストレスなくプレイできるでしょう。

デメリットは全体的にスペックが高くなっていることもあり、消費電力がかなり大きくなっています。
そのため電源ユニット次第では、安定した動作をしなくなるので、この点は十分に注意が必要です。

既存のパソコンにRTX2080 Tiを組み込む場合、電源ユニットに不安があると動作に支障をきたすと思います。

また電力の安定供給ができない場合は、各パーツへの負担が大きくなるため、電源ユニットの交換も視野に入れておくべきです。

GeForce RTX 2080 TiとGTX 1080 Ti との比較

次にRTX2080 TiとGTX1080 Tiとの比較をしましょう。

まず、NVIDIAのグラフィックカードで80番台は、GeForceシリーズの中では最上位モデルになります。

そのためいずれも高いスペックとなりますが、RTX2080 Tiの方が全体的に見て性能が上となっているのです。

CUDAのコア数を比較してみますと、RTX2080 Tiが4352基であるのに対してGTX1080 Tiは3584基になります。

RTコアとTensorコアの2つは、RTXシリーズからの搭載ですので、GTX1080 Tiにはありません。

次にクロック数ですが、RTX2080 Tiの1350MHzでGTX1080 Tiは1480MHzになります。
オーバークロック時では1545MHzに対して、1582MHzです。

いずれも旧型のGTX1080 Tiの方が高い数値を出しています。

RTX 2080 TiとGTX 1080 Tiのベンチマークとコスパ比較 Pass Mark

ただ実際にはコア数の多さと、メモリが最新タイプになっているRTX2080 Tiの方が、ベンチマークでは高い数字を出すようですね。

環境にもよるのですが、約1.4倍ほどもスコアに差がでます。
1つ世代が異なるだけでRTX2080 Tiが、かなりのスペックアップしているのがわかるでしょう。

その反面、価格がものすごく大きく開きがあります。

ショップでも異なりますが、およそGTX1080 Tiと比較すると約2倍強もの差があります。

GTX1080 Tiも価格的には決して安いグラフィックカードではありませんが、発売されてから年数が経っているのでかなり値段が落ちています。

RTX2080 Tiも後継モデルのRTX 3080 Ti SUPERが発売されれば、しばらくすれば値段も落ちてくるはずです。

将来的に発展するであろう、VRや6K、8K解像度の動画編集を想定してパソコンを買うならお勧めできます。

GeForce RTX 2080 Tiはどんな人にオススメ?

RTX2080 TiはGeForceシリーズの中でもハイエンドなモデルですので、スペック的にはほぼどんな作業でもこなします。

4K動画編集を標準的にこなし、VFXやVRコンテンツの制作も行う方にはマシンパワーを必要となるのでRTX2080 Tiは役立つでしょう。

また最近の3Dゲームは映像のクオリティも格段に上がっていて、GPUの高速映像処理がなければ滑らかに動きませんが、RTX 2080 Tiなら性能不足に陥ることもありません。

またRTX2080 Tiでは4K出力にも対応しており、さらに3画面以上のマルチディスプレイも可能です。

高画質設定で動画の実況中継を行う方にも最適なグラフィックカードです。

マウスコンピューターのRTX 2080 Ti搭載オススメ動画編集パソコン

マウスコンピューターではRTX 2080 Ti搭載PCを終了し、後継機のRTX 4XXXシリーズ搭載モデルに更新しています。

DAIV FM-A9G8S

CPU:Ryzen 9 7900X  
グラフィックス:GeForce RTX 4080 SUPER 16GB 
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 2TB 

469800円(税込)

>>公式ページを見る

パソコン工房のRTX 2080 Ti搭載オススメ動画編集パソコン

パソコン工房ではRTX 2080 Ti搭載のパソコンは販売終了しており、後継機のRTX 4XXXシリーズ搭載モデルのパソコンを取り揃えています。

LEVEL-R776-147F-VTX

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4080 SUPER 16GB 
メモリ:16GB PC5-38400 
ストレージ:NVMe対応 M.2 SSD Gen4 1TB

369800円(税込)

>>公式ページを見る

ドスパラのRTX 2080 Ti搭載オススメ動画編集パソコン

ドスパラではRTX 2080 Ti搭載のパソコンは販売終了し、後継機のRTX 4XXXシリーズ搭載パソコンを充実させています。

GALLERIA XA7C-R48S

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4080 SUPER 16GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB

385980円(税込)
※5月22日時点の価格です。最新の価格は公式ページをご確認下さい

>>公式ページを見る


スポンサーリンク




PAGE TOP

おすすめ記事

デジタルデータリカバリーってどう?依頼前に山ほど質問してみたよ

おすすめ記事

GoProの撮影データで動画編集するのにおすすめのパソコン6選

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

【2024年】ノートパソコン CPUはRyzenとIntelどっちが良い?