fbpx

GeForce RTX 3080 Ti搭載 動画編集にオススメのパソコン3選

※2024年2月に更新しました。また本ページにはプロモーションが含まれています。

GeForce RTX 3080 Tiが2021年6月に発売しました。

ビデオメモリ12GBのハイエンドビデオカードで、販売価格は単体で18万円から25万円となっています。

パソコンで動画編集を行う場合、RTX 3080 Tiはどのくらいの活躍をしてくれるのでしょうか?

ここでは

この記事で解説するコト

RTX 3080 Tiの仕様
RTX 3080 TiとRTX 3080のスペック比較
RTX 3080 Tiはどんな人にオススメか?

RTX 3080 Tiを主に動画編集で使う場合のメリット・デメリットなどを考察します。

GeForce RTX 3080 Tiの主な仕様

まずはGeForce RTX 3080 Tiの主な仕様から見ていきましょう。

 

GeForce RTX 3080 Ti
アーキテクチャー Ampere
CUDAコア数 10240
定格クロック数 / ブースト時 1.37GHz / 1.67GHz
メモリタイプ GDDR6X
メモリ容量 12GB
TDP 350W
最大デジタル解像度 7680×4320(8K)
マルチモニター最大接続数 4
販売価格(2023年1月調べ) 11.8~24.2万円

RTX 3080 Tiは2021年の6月に発売されたNVIDIA製のグラフィックボードです。

RTX 30シリーズにおけるハイエンドモデルの1つで、ベンチマークスコアではRTX 3090 TiとRTX 3090の間に位置するモデルです。

GeForce RTX 3090 Ti・3090・3080 Ti ベンチマーク比較 参考:PassMark

ハイエンドモデルということでスペックも非常に高くまとまっており、動画編集でも高速な処理が期待できます。

たとえばCUDAコア数は10240となっていて、これは上位モデルであるRTX 3090の10496と大差ありません。

RTコアには第2世代を80基、Tensorコアには第3世代を320基仕様しており、これは前世代モデルのRTX 2080 Tiと比較して大幅なパワーアップです。

メモリ容量も12GBに増加し、動画編集をするなら十分な容量になっているのがわかります。

また、AV1コーデックに対応しているため、8K映像のエンコードやデコードも可能になっています。

高画質な動画にもしっかり対応できるため、動画編集の幅がさらに広がりそうです。

スペックも高いことから特にレンダリングやエンコードにかかる時間が短縮でき、RTX 3080 Tiのような高性能なグラフィックボードがあるかどうかで動画編集の時間は大きく変わります。

動画編集に求められるスペックは満たしていますので、動画編集をしている人にとってはとても頼りになる存在となるでしょう。

RTX 3080 TiとRTX 3080との比較

RTX 3080 Tiと同じ3080を冠したモデルとしてRTX 3080がありますが、動画編集においてはどのような違いが見られるのでしょうか?

RTX 3080 10GB RTX 3080 12GB RTX 3080 Ti
GPUコア:GA102 GPUコア:GA102 GPUコア:GA102
CUDAコア数:8704 CUDAコア数:8960 CUDAコア数:10240
RTコア数:第2世代 68基
Tensorコア数:第3世代 272基
RTコア数:第2世代 70基
Tensorコア数:第3世代 280基
RTコア数:第2世代 80基
Tensorコア数:第3世代 320基
定格クロック:1.44GHz
ブーストクロック:1.71GHz
定格クロック:1.26GHz
ブーストクロック:1.71GHz
定格クロック:1.37GHz
ブーストクロック:1.67GHz
メモリタイプ:GDDR6X メモリタイプ:GDDR6X メモリタイプ:GDDR6X
メモリ容量:10GB メモリ容量:12GB メモリ容量:12GB
メモリスピード:19Gbps メモリスピード:19Gbps メモリスピード:19Gbps
メモリバス幅:760GB/s メモリバス幅:912GB/s メモリバス幅:912GB/s
TDP:320W TDP:350W TDP:350W

この2つのモデルは本当に似ている部分が多いため、細かな違いをしっかり把握することが大切です。

またRTX 3080は2022年1月にビデオメモリー12GB版も発売されているのも紛らわしい点です。

たとえばGPUコアは両者ともGA102を採用していて違いはありません。

このほか、メモリスピード(メモリ転送レート)も共に19Gbpsと同じですし、メモリタイプもGDDR6Xと同じです。

こうした部分を見るとまったく同じスペックなわけですが、もちろん違いも見られます。

CUDAコア数で比較するとRTX 3080 Tiは10240ですが、RTX 3080は10GB版で8704、12GB版で8960となっています。

この部分は数値がぐっと増えており、より高性能になっていることがわかります。

メモリバスの帯域幅もRTX 3080の760GB/sからRTX 3080 Tiは912GB/sとなっており、メモリ周りは性能が向上しています。

RTX 3080 Tiはどちらかと言うと最上位モデルであるRTX 3090に近い性能を有しており、RTX 3080と比較した場合大きな優位性が見られます。

動画編集でもRTX 3080 Tiの方がより高速な処理を期待できると言えるでしょう。

RTX 3080では少し物足りない、そんな時はRTX 3080 Tiが活躍してくれそうです。

RTX3080 Tiはどんな人にオススメか?

RTX 3080 Tiの仕様など見てきましたが、具体的にどんな人にオススメなグラフィックボードなのでしょうか?

ここからは動画編集することを踏まえたうえで、RTX 3080 Tiがどんな人にオススメなのかを見ていきます。

先程も触れたようにRTX 3080 TiはRTX 3090とRTX 3080の間に位置するモデルです。

RTX30シリーズの最上位モデルの1つと言うことができ、かなりの性能を持っています。

RTX 3090とほぼ同等の性能であり、動画編集をしていてなにか不満を感じるようなことはほとんどなくなるでしょう。

特にエンコードやレンダリングの処理速度は向上が期待できますので、編集時の待ち時間をより短縮したいという人にはオススメです。

動画編集においてエンコードやレンダリングは時間のかかる作業で、短縮したいと考える人も多いはずです。

特に高画質で動画の時間も長いとなればエンコード作業は長時間化します。

そんなエンコードをより短時間で終わらせられるようになるのは大きなメリットでしょう。

また、十分な性能を持っていることから3DCGやVR制作まで幅広いプロの映像制作者にオススメできるのも特徴です。

プロのハイレベルな動画編集はもちろん、一般的な動画編集までなんでもこなしてくれますので、RTX 3080 Tiがあればおおよそのことは出来てしまいます。

販売価格比較

RTX 3090 Ti 30.4~41.4万円
RTX 3080 Ti 11.8~24.2万円
RTX 3090 21.5~30.6万円
RTX 3080 8.9~20.1万円

価格コム調べ(2023.1月時点)

RTX 3080 Tiの販売価格は20万円前後となっており、RTX 3080と大きく変わらず、RTX 3090またはRTX 3090 Tiよりは安価といったところ。

RTX 3090だとコストの面で少し厳しいなんていうケースでもRTX 3080 Tiは有利でしょう。

とはいえ一般的な動画編集向けパソコン1台分の値段と変わらないので、慎重に選びたいところです。

BTOパソコンショップのクリエイター向けパソコンなら、RTX 3080 Ti搭載でも自作で組むより買い求めやすいパソコンが手に入るのでオススメです。

RTX 3080~搭載 動画編集にオススメのパソコン3選

マウスコンピューターのハイエンドビデオカード搭載動画編集向けパソコン

DAIV FX-I7G8S

CPU:Core i7-14700KF  
グラフィックス:GeForce RTX 4080 SUPER 16GB 
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 2TB 

534800円(税込)

>>公式ページを見る

パソコン工房のハイエンドビデオカード搭載動画編集向けパソコン

iiyama LEVEL-R779-137F-VLX

CPU:Core i7-13700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4080 16GB 
メモリ:16GB PC5-38400 
ストレージ:NVMe対応 M.2 SSD Gen4 1TB

349800円(税込)

>>公式ページを見る

ドスパラのハイエンドビデオカード搭載動画編集用パソコン

GALLERIA XA7C-R48

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4080 16GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB

374980円(税込)
※2月7日時点の価格です。最新の価格は公式ページをご確認下さい

>>公式ページを見る


スポンサーリンク




PAGE TOP

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

デジタルデータリカバリーってどう?依頼前に山ほど質問してみたよ

パソコンレビュー

【在宅勤務向け】パソコンの選び方を3つのポイントで解説するよ!

おすすめ記事

GoProの撮影データで動画編集するのにおすすめのパソコン6選

おすすめ記事

動画編集パソコンはノートパソコンとデスクトップどちらを選ぶほうが良い?