fbpx

Ryzen 9搭載のオススメ動画編集用パソコン3選

4

※2024年4月に更新しました。また本ページにはプロモーションが含まれています。

動画編集にRyzen 9ってオーバースペック?
どんな性能か知りたい!

ハイスペックなパソコンを使う動画編集者さんが気になるのがAMDのCPU Ryzenの最上位モデル Ryzen 9でしょう。

Ryzen 9よりもさらに上のRyzen Threadripper 5975WXが50万円以上のお値段設定になっていることもあって、一般的に購入できるAMDCPUの最上級がRyzen 9と言えるでしょう。

2022年9月末に発売開始したRyzen Ze4(7XXX)シリーズ(7XXX)はインテルCPUを超える性能となり、パソコンヘビーユーザーに大人気です。

BTOパソコンショップでは最新のRyzen搭載のデスクトップパソコンが手に入りにくい状況です。

動画編集はCPU性能に左右されるので、Ryzen 9の性能はやはり気になりますよね。

ここでは

この記事で解説すること

✅Ryzen 9とインテルCore i9の性能差
✅Ryzen 9を選んだ場合のメリット・デメリット
✅Ryzen 9におススメのパソコンを3種類

を解説します。

高性能な動画編集用パソコンが欲しい方はぜひ参考に読んでみてください。


この動画で動画編集向けパソコンの失敗しない選び方を解説したので、ぜひ視聴してみて下さい。

Ryzen 9 7950XとCore i9-13900Kの違い

ここでは最新のRyzen 9最上位CPU 7950Xとインテル第13世代 Core i9-13900Kのスペックを比較してみましょう。
CPU選びをするなら、しっかりと性能を比較して検討したいですね。

Ryzen 9 7950X Core i9-13900K
16コア32スレッド 24コア32スレッド
定格クロック数:4.50GHz
ブースト時最大:5.70GHz
定格クロック数:2.20GHz
ブースト時最大:5.80GHz
TDP:170W TDP:125-253W
内蔵GPU:あり(AMD Radeon Graphics) 内蔵GPU:あり(UHD グラフィックス 770)
販売価格:9.8~13.3万円 販売価格:8.7~12.0万円

販売価格は価格コムより(2023年12月調べ)

コア・スレッド数はRyzen 9 7950Xが16コア32スレッドです。
Core i9-13900Kは24コア32スレッドなので、コア・スレッド数はCore i9-13900Kのほうが多くなっています。

CPUベンチマークのデータ引用元は PassMark

ベンチマークを見ると、処理速度でもCore i9-13900Kに勝ち目はありません。
定格クロック数はRyzen 9 7950Xが4.50GHzなのに対し、Core i9-13900Kは3.00GHzとなっています。
一方でブーストクロック数ではCore i9-13900Kが5.80GHzと高い数値となっています。
オーバークロックまで含めて比較するなら、Core i9-13900Kはやはり強力なCPUと言えます。
動画編集においては定格クロック数を着目することが多いので、Ryzen 9-7950Xの優位性は揺るぎません。

Ryzen 9 7950X

販売価格についてはRyzen 9 7950Xは現在(2023年12月時点)、約7~8万円ほどで、Core i9-13900Kのおよそ1万円ほど安い値段で売られています。

型落ちとなるRyzen 9 5950Xの価格が下落しています。

現時点ではRyzen 9 5950Xがリーズナブルな値段で買えるお得なCPUと言えますね。

Ryzen 9 7950X と 5950X 動画編集ならどちらが良い?

動画編集用途ならRyzen 9 7950Xと7900X、5950Xまたは5900Xのどれを買うべきでしょうか?
同じRyzen 9ですが、価格差は2万円程となっております。
性能をとことん追い求めたいプロの動画クリエイターさんにとっては、Ryzen 9 5900X以上を選びたいところでしょう。

Ryzen 9 7950X Ryzen 9 5950X
16コア32スレッド 16コア32スレッド
定格クロック数:4.50GHz
ブースト時最大:5.70GHz
定格クロック数:3.4GHz
ブースト時最大:4.9GHz
TDP:170W TDP:105W
内蔵GPU:あり(AMD Radeon Graphics) 内蔵GPU:なし
販売価格:9.8~13.3万円 販売価格:7.4~14.3万円

Ryzen 7XXXシリーズより内蔵GPUを登載しています。

またRyzen 9 7950XはTDP値が170Wと高く、Ryzen 9 5950Xは105W。

どちらも放熱量が高く心配なのは温度上昇です。

The Ryzen™ 9 3950X, Ryzen™ 9 3900XT, and Ryzen™ 7 3800XT processors do not come bundled with a cooler. AMD recommends an all-in-one liquid cooler* with a 280mm radiator (or greater). The following coolers fit this performance criteria:
AMD Ryzen™9 3950Xプロセッサー向けの熱冷却ソリューション|AMD公式

AMDはRyzen 3950X以上のCPUについて簡易水冷のCPUクーラーを推奨しています。

水冷クーラーが必要となると、Ryzen 9 5950X・7950X搭載のパソコンはお値段が高くなりそうです。

Ryzen 9 7950X・7900Xのメリット・デメリット

Ryzen 9 7950X・7900Xの大きなメリットとしては、やっぱり性能の高さでしょう。
プロセスルールは5nmに更新され、その性能は前モデルと比較すると38%上昇しています。

CPUベンチマークのデータ引用元は PassMark

非常に完成度が高いRyzen 9は7950X・7900Xは動画編集において性能的に不満が出ることはほぼありません。
ただ一つデメリットを挙げるとすると、対応するマザーボードの値段が高いことです。

Ryzen 5XXXシリーズに対応するマザーボード AM4 X570は一番安い製品で2.5万円前後となっています。

一方、Ryzen 7XXXシリーズからチップセットが更新。AM5 X670は4万円以上となっています。

価格がこなれたインテル向けのマザーボードと比べると5,000~1万円ほど高いので、現段階ではRyzen CPUを選ぶことでインテル搭載パソコンよりも値段は高くなりそうです。

旧モデルのSocket AM4のマザーボードは使えないので、Ryzen CPU搭載自作パソコンユーザーも今回の世代更新でマザーボードごと交換する必要があります。

もしRyzen 3XXXシリーズからCPU交換を考えている方は無理せずRyzen 5950X/5900Xにする方がコスパも高く満足できると思います。

Ryzen9搭載のオススメ動画編集用パソコン3選

2023年12月時点ではRyzen 9 7950XおよびRyzen 9 7900Xを搭載するBTOパソコンは希少で手に入りにくい状況です。

パソコンに詳しい方は、ひとまずRyzen 7 7700X搭載のBTOパソコンを買って、不満が出てからRyzen 9 CPUへ交換するのが良いでしょう。

マウスコンピューターのRyzen 7搭載動画編集用パソコン

DAIV FM-A9G8S

CPU:Ryzen 9 7900X 
グラフィックス:GeForce RTX 4080 SUPER 16GB 
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 2TB 

469800円(税込)

>>公式ページを見る

パソコン工房のRyzen9搭載動画編集用パソコン

LEVEL-R7X7-LCR79X-UL2X

CPU:Ryzen 9 7900 
メモリー:32GB(PC5-38400) 
グラフィックス:GeForce RTX 4090 24GB 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 1TB 

577800円(税込)

>>公式ページを見る

ドスパラのRyzen9搭載動画編集用パソコン

GALLERIA XA9R-R47S

CPU:Ryzen 9 7900 
グラフィックス:GeForce RTX 4070 SUPER 12GB 
メモリ:16GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 NVMe SSD Gen3 1TB 

314980円(税込)

>>公式ページを見る


スポンサーリンク




PAGE TOP

おすすめ記事

GoProの撮影データで動画編集するのにおすすめのパソコン6選

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

おすすめ記事

デジタルデータリカバリーってどう?依頼前に山ほど質問してみたよ

おすすめ記事

【2024年】ノートパソコン CPUはRyzenとIntelどっちが良い?

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?