fbpx

Geforce GTX1070Ti搭載おすすめ動画編集用パソコン

※2024年4月に更新しました。また本ページにはプロモーションが含まれています。


グラフィックボードは、動画編集用パソコンとして使うクリエイターモデルには非常に重要なパーツです。

最近主流になりつつあるNVIDIA GeForceのパフォーマンス能力はゲーム向けとも言われてきましたが、動画編集用で使用しても十分メリットはあります。

中でもGeForce GTX1070TiはハイエンドモデルのGeForce GTX1080並みのパフォーマンスを発揮しながらも価格はやや抑え気味になっているので人気が高まっています。

ここでは、ハイエンドモデル「GeForce GTX1070Ti」と動画編集の相性とGeForce GTX1070Ti搭載のオススメPCを紹介します。

この動画で動画編集向けパソコンの失敗しない選び方を解説したので、ぜひ視聴してみて下さい。

クリエイター向けのハイエンドモデル「GTX1070Ti」

近年のCPU内のグラフィック機能は非常に優れているので、本格的にゲームや動画編集などをしない限りは、グラフィックボードはさほど必要ではありません。

ゲームと動画編集は目的に違いはあるものの、ハイスペックな構成で作られたマシンが必要になるのは共通事項といえるでしょう。

NVIDIA GeForce GTX10シリーズは、最先端の技術により、なめらかで美しい映像を描くグラフィックボードとなっています。

GTX1070Tiは、高性能な3DゲームやVR映像、マルチモニターや4Kなどの高解像度モニターなどの環境を整えたいときに最適なハイエンドモデルです。

単体で購入すると7万円ほどとなっており、平均的なグラフィックボードの価格で考えると高価なパーツです。

GeForceシリーズは、主にゲームに最適なグラフィックボードといわれていますが、動画編集ができない訳では決してありません。

動画編集ソフトによっては、その性能を充分に発揮します。

DirectXにも最適化される動画編集ソフトを選択すれば問題ナシ

動画編集ソフトの多くが、NVIDIA Quadroなどに搭載されているGPUに最適化(OpenGL)されています。

ハイスペックな構成が求められるのはゲーム用パソコンと共通といえるのですが、GeForceシリーズはOpenGLではなくDirectXに最適化されているグラフィックボードです。

それを動画編集用として使いたい場合は、DirectXにも最適化される動画編集ソフトを選択しましょう。

例えばAdobe「After Effects」の高速処理レイトレース3DレンダラーというGPUを高速処理する機能は、GTX1070Tiでも十分に性能を発揮し、快適に作業ができます。

Geforce GTX1070Ti搭載の動画編集用PCを選ぶときのポイント

1NVIDIA Geforceシリーズのミドル~ハイエンドモデル

2After Effectsで快適に動作します

34K映像出力・マルチモニター対応

Geforce GTX1070Ti搭載のオススメクリエイターパソコン

BTOパソコンではGeforce GTX1070Ti搭載PCとなると20万円以下でも手に入ります。

Geforce GTX1080との性能差がほとんどないと言われているので、動画編集に快適な作業ができるパソコンをなるべく低価格で購入したいという方にオススメです。

マウスコンピューターのGeforce GTX1070Ti搭載クリエイターPC

マウスコンピューターではGTX1070Tiモデルの販売が終了し、RTX3070・RTX3070 Ti搭載の動画編集パソコンを後継機として販売しています。

G-Tune DG-I7G7S

CPU:Core i7-14700F 
グラフィックス:GeForce RTX 4070 SUPER 12GB 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 1TB 

シークレット価格 ⇒279800円(税込)

>>公式ページを見る

※当サイトはMouse様より特別に許可を頂いてシークレット価格のページを紹介しています

パソコン工房のGeforce GTX1070Ti搭載クリエイターPC

パソコン工房ではGeForce GTX1070 Ti搭載の動画編集向けパソコンの販売を終了し、新モデルのRTX搭載動画編集向けパソコンを販売開始しています。
おすすめはRTX3070またはRTX3060です。

LEVEL-R779-LC149KF-UL2X

CPU:Core i9-14900KF 
グラフィックス:GeForce RTX 4070 Ti 12GB 
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe Gen4 1TB

376800円(税込)

>>公式ページを見る

ドスパラのGeforce GTX1070Ti搭載クリエイターPC

ドスパラではGeforce GTX1070Ti搭載のクリエイターパソコンの販売を終了し、現在はRTX3070・RTX3070 Ti搭載のパソコンを後継機として販売しています。

GALLERIA ZA9C-R47

CPU:Core i9-14900KF 
グラフィックス:GeForce RTX 4070(12GB) 
メモリ:32GB PC5-38400 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB Gen 4

356980円(税込)
※6月5日時点の価格です。最新の価格は公式ページをご確認下さい

>>公式ページを見る


スポンサーリンク




PAGE TOP

おすすめ記事

動画編集パソコンはノートパソコンとデスクトップどちらを選ぶほうが良い?

おすすめ記事

【2024年】ノートパソコン CPUはRyzenとIntelどっちが良い?

おすすめ記事

結婚式ムービーソフト5選と編集作業がはかどるパソコンの選び方

パソコンレビュー

【在宅勤務向け】パソコンの選び方を3つのポイントで解説するよ!

おすすめ記事

YouTube動画の編集にはどんなスペックのパソコンを買えばよいの?